想い出に残る仕事【M様】① |RESTART(リスタート)

blog

2018.11.29

想い出に残る仕事【M様】①

こんにちは。
ロートアイアン手すりの専門店「RESTART」です。

今日のブログは、これまでしてきた仕事をご紹介する
想い出に残る仕事シリーズです。

今回ご紹介するM様邸は内容量が多いので、
数回にわたってご紹介をしていきたいと思います。

お仕事を頂いたのは2011年、私が31歳の時です。

設計士様より
「色々とつくって頂きたいものがあるのですが、お邪魔しても良いですか?」
とお電話を頂きました。

お話をお聞きしますと、お施主様、設計士様共にロートアイアンがお好きで
しっかりしたものを採用したいとの事でお話を頂きました。

門扉や手すりなど、かなりの数があり現場の進行に合わせて
追加もしていきたいとの事でした。

取りあえず、現場にお伺いをします。

3階建ての住宅です。
M様邸は高台に建っており、この下に1階があります。

なので、画像は2階と3階部分です。

バルコニーからは街を一望できる素晴らしい場所です。

高台に家を建てるということは、崖のような場所に建てるということになります。
当然、崖に家を建てると崩れてしまいます。

ですので、崩れないように擁壁をつくる必要があります。
ここが凄いところなんです。

平地に家を建てれば必要ない費用です。
そこを、わざわざ費用を掛けて家を建てられるようにするのです。

「この場所に住みたいから」という事です。

ちなみにこちらのお宅、擁壁だけで数千万円掛かっています。。

それはさておき、打ち合わせです。

正面に両開きの門扉をつくります。

正面とは別に入口があり、そちらにも片開きの門扉をつくります。

勝手口にも門扉をつくります。

街を一望できるバルコニーに手すりをつくります。

全ての窓に面格子をつくります。

こちらの吹き抜けには手すりをつくります。

ここには壁付けの手すりをつくります。

その他、室内の全てのドアにドアパネル、ドアハンドル、取っ手、
鏡の装飾、タオルハンガー、表札、テーブル脚、ざっとこのような内容です。

金額的には、これまでの仕事の中でもベスト3に入る大きな仕事でした。
一人で抱えるにはかなりハードな内容でしたが、やりがいもあり燃えていました。

今回はここまで。
次回のブログからは制作に入っていきたいと思います。

楽しみにしていてください★

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
RESTARTでした。

↓ ブログ村ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ポチッとお願いします

Contact Formご注文・お問い合わせ

アイアン手すりに関してのご質問・ご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
ご注文は、楽天市場のほか、当フォームやお電話でもお受けしております。