想い出に残る仕事【M様】⑦ |RESTART(リスタート)

blog

2018.12.07

想い出に残る仕事【M様】⑦

こんにちは。
ロートアイアン手すりの専門店「RESTART」です。

今回のブログも想い出に残る仕事の
M様邸シリーズです。

今回で7回目となります。

①~⑥をまだご覧になられていないという方は、
まずは①~⑥をご覧になって下さい。

①~⑤のブログで、バルコニーの手すりと正面入口の門扉、
そして表札が出来上がりました。

さて、本日の内容は正面向かって右側の入り口に付ける門扉です。

片開きの門扉です。

正面の門扉とデザインを合わせてご提案をし、決定したのがこちらのデザインです。

正面門扉と同じ太さの材料を使います。
全ての材料を火入れ・鍛造をして槌目を付けていきます。

基本的には寝かした状態で枠からつくっていきます。

大枠、格子、装飾など、まずは仮で数カ所を溶接します。

何も考えずに溶接すると熱で歪んでしまい、ぐにゃぐにゃになってしまいますので、
まずは点付けで少しだけ溶接をして形をつくっていきます。

本溶接は画像以上にガチガチに固定してから、歪む方向を考えながら
時間を掛けて、対角線上に溶接をしていきます。

立てて歪のチェック、装飾が綺麗に付いているか、
スムーズに動くかどうかなどをチェックしていきます。

こちらの片開き門扉は、門柱は使用せず
RC壁に直接取り付ける仕様となります。

ラッチを付ける側の壁が湾曲していて、調整が大変でした。

M様邸では正面入り口の両開き門扉とこちらの片開きの門扉、
さらにもう1基、門扉をつくらせて頂きました。

次回はその門扉をご紹介したいと思います。
是非、お楽しみに★

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m
RESTARTでした。

↓ ブログ村ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ポチッとお願いします

Contact Formご注文・お問い合わせ

アイアン手すりに関してのご質問・ご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
ご注文は、楽天市場のほか、当フォームやお電話でもお受けしております。